【空室がある原因 ハード面ソフト面の双方から考える】


愛知県の大家@Kです。
 
私は、父から相続した
2代目大家です。

半径1km圏内に
数十の新築マンション・アパートがあり
建築計画があるエリアで経営しております。

 
このエリアでは
私の父が初めて
鉄筋コンクリート造のマンションを建て

家賃保証の制度を利用して

運営しておりました。
 
父が亡くなった後
家賃保証会社から
大幅な家賃値引き交渉が入り
契約を打ち切りました。
 
家賃保証がなくなった後
管理会社に入居者を客付け

不動産会社に頼んで
入れてもらっていましたが
最近はなかなか思うように
入れてもらえず

空室が増えました。

 
私も、いろいろと
空室対策の書籍を読んだり
空室対策セミナーに行ったり
大家の会に参加したりと

空室対策を
学んできました。

 

しかし効果は
あまりでませんでした。

 
そこで
累計400室以上の
空室対策実績のある大脇先生の
個別相談会に参加しました。

 
現状のヒアリングからはじまり
ペルソナによる
入居者設定

PDCAサイクルを回して

どこに原因があり
プラン設定では
どのような問題があるのか?
常に実践しているかどうか?

ハード面ソフト面の
双方のチェック
怠ってないか?などを

過去の具体例を参考
教えていただきました。
 
また
「常に入居者目線で考える!!」
「いつやるの!!」
「誰がやるの?」の
お言葉をかけていただき

孤独な大家業に対して
一種連帯感を感じさせる
有意義な相談会でした。
 
空室に困っている
築古の大家さんには
是非参加して欲しい内容の
相談会です。

ひとりで悩まずに
まず、メールなり

相談されるのが
良いと思います。
 
最後に、大脇先生から
「あと1か月もあれば満室よ!!」
と肩を押され、

俄然やる気モードに
スイッチが入りました!

 
ありがとうございました。

愛知県の大家@Kさん

感想をありがとうございました!

満室御礼応援しております!!!

男性大家さんの98.2%が
間違えていた空室対策を
女性目線で語った空室対策。
満室女性大家さんの最新事例掲載中。