空室対策3つの方法

空室対策で行う3つの方法は、費用対効果の高いシンプルかつ画期的な方法です。
さらに一度学べばどんな大家さんでもどんな物件でも立地でも、ほぼ再現可能な空室対策です。(過疎地、離島は除きます)

この空室対策を実践することで空室が埋まるだけではなく、満室を維持でき大家として成功を収めるだけでなく、人生を豊かに過ごす大きな変化をももたらします。

全国に広がる空室対策

この空室対策により、北は北海道から南は九州地方まで『埋まらない』と言われていた全国の空室が埋まっています。なぜこのようなことが可能なのでしょうか?
それはこれらの方法が理論と確立されたものだからです。
空室であることの本質を見抜き、リフォーム費用や広告宣伝料を過大に使うことなく、空室が埋まるからです。

例えば「家賃を下げる」「リフォームをする」「最新設備に交換する」以外の空室対策で空室が埋まることが、多くの大家さんにも支持され受け入れられています。

空室対策3つの方法とプラスα

その1
『現状の把握』をする

空室である原因の根本的な問題は何ですか?

空室を埋める前に、一度じっくり空室の『本質』を理解することが重要です。「本で読んだ」「ネットで調べた」だけではない学びを知ることで、建物の現状把握を深めていきます。

その2
『ターゲットの設定』

「誰でもいいから入居してほしい」から「こんな人に入居してほしい」この考え方から、物件に住むであろう入居者を分析していきます。
間口を広げることも大切ですが、まずは「どんな人が住むのか?」が重要です。

その3
『物件の広告』

物件の認知度と露出方法を見直します。
ネットに掲載されていてもOKと言い切れない賃貸状況の中、物件の認知のされ方や魅せ方の差別化をはかる必要がでてきます。

プラスα
『未来のデザイン』

そもそも大家になったキッカケは何ですか?
1年後3年後5年後、あなたはどうなっていたいですか?

大家業やこれからの人生を楽しく、この先の未来へ発展し続けていくために、必要な考え方や心の持ち方が大切です。
『お金』と『メンタル』を鍛え、それらを豊かにしながら『時間の無駄』や『思考の癖』を正し、心穏やかに人生を送れるように取り組みましょう。

これらが、空室対策を通してわたしがお伝えしたいことです。
この方法と思考で、あなたの大家としての人生ももっと楽しくなるはずです。
まずは空室対策はじめてみてくださいね。