【空室対策】空室がうまらないなら女性目線をプラスしてみる


【空室対策】
空室がうまらないなら女性目線をプラスしてみる

10ヶ月で111室埋めました!

『女性目線を取り入れた
 空室対策最新事例』

▼ここからお申込みください▼

 

空室が埋まらなかった女性大家さんが
フィーリングリフォームを始めて満室に!

あなたがもし、

「空室が埋まらなくて
 手残り資金がなかなか増えない」

という悩みを感じているとしたら、

ひょっとして、根本的な空室対策を
間違えているからかもしれません。
 

あなたには
こんなお悩みはありませんか?

実は空室が埋まらないのは
数ある空室対策の中でも

女性目線』の空室対策方法を

行っていないからなのです。

あなたがもし

「他の大家さんと同じような
 空室対策をしている」

とか

「何となく空室対策をいている」

としたら要注意です。

不動産で成功するするためには
空室を埋めることが必須ですが

「どうやって空室を埋めたらいいか
 分からなくなった」

という方が多くなりました。

この電子書籍では

・女性目線に隠された”満室経営”とは?

・なぜ、男性目線では空室が埋まらないのか?

・閑散期でも空室が埋まるために
 本当に必要な心配りとは?

・女性目線で空室を埋める最新空室対策戦略とは?

・コストをかけず、劇的に空室を埋める方法

・築古物件でも地方物件でも空室が埋まる
 入居者目線のターゲット設定とは?

・ネット検索で埋もれない気配り空室対策とは?

 
以上のようなことが学べます。

不動産投資2019年問題で
不動産価値は下落する?

最近不動産会社からの営業電話や
ダイレクトメールや電話など

増えたと感じることはありませんか?

収益物件のマンションやアパートを
所有している投資家をターゲットに

2019年以降
 不動産価格が下がる

という内容が多いようです。

実はこれ、不動産業界が抱える

”2019年問題”

大きく影響しているからです。

2019年問題って何だろう?

2019年問題とは、複数の事情によって
2019年に不動産事情が

”大きな転換期”

を迎える可能性がある、という問題です。

例えば

東京でも都心で
不動産価格が下落する複数の原因が

2019年に同時発生することが
予想されているのです。

総務省 住宅・土地統計調査による


2033年空
室率30%超え問題

投資家の間でもずいぶん前から言われています。

がしかし、

今、目の前には

”2019年問題”

が、まことしやかに囁かれているのです。

だから今、求められるのが満室経営!

2019年問題・2030年問題などの他にも
大家さんの抱える悩みは山積みです。

そこでご紹介したいのが

そんな中でも
2018年この閑散期に

見事満室になった女性大家さん達です

 

女性目線を取り入れた空室対策最新事例

今回の電子書籍では
満室になった女性大家さんの事例を

女性目線で解説しています。

家事や育児、ダブルワークにと
日々忙しい女性大家さんが

女性目線でどのように空室を
埋めていったのか?

女性ならではの視野の広さと
様々な面からのアプローチ

消費者目線を理解しているからこその
細かい部分のサービスや気配りなどで

今まで空室を埋める具体策を
持ち合わせなかった女性大家さんも

設備投資経費をかけることなく

空室が埋められるようになっています。

 

 空室あり→満室へ!
次はあなたの番です。

10ヶ月で111室埋めた

『女性目線を取り入れた
 空室対策最新事例』


▼申込みはこちらから▼

男性大家さんの98.2%が
間違えていた空室対策を
女性目線で語った空室対策。
満室女性大家さんの最新事例掲載中。