【空室を埋める12の創意工夫8】


物件の
第1印象を良くするための

<12項目の創意工夫>

1)共用部とエントランスの掃除をする

2)部屋の空気を換気する

3)排水口部分にテープを貼る

https://www.agentmail.jp/archive/mail/946/3805/122532/

4)トイレ・浴室などに清掃済みの表示

https://www.agentmail.jp/archive/mail/946/3805/122747/

5)スリッパをおく

https://www.agentmail.jp/archive/mail/946/3805/122949/

6)照明器具も設置する

https://www.agentmail.jp/archive/mail/946/3805/123087/

7)POP

https://www.agentmail.jp/archive/mail/946/3805/123231/

昨日までは1)〜7)
お伝えしました。

今日はここです

8)家具・家電を設置したモデルルーム 

 

9)ウィルカムバスケット

10)間取図・巻尺・筆記用具の3点セット

11)入居のしおり

12)オーナーからの手紙

ひらめく

空室対策アドバイザーの
大脇ちさとです

まずここで言う
家具・家電とは

あくまで
住む人の気持ちを考えた
家具・家電です

ですから

物件の
第一印象
良くするための

家具・家電

決して
洗濯機やベッド

テレビや電子レンジなどでは
ありません!

雑貨

例えば
ペルソナ設定をした時

洗濯機やベッド
テレビや電子レンジが
必要であれば

設置します

住む人の気持ちを考える
フィーリングリフォームでは

「なんかちょっといい感じ」
という
フィーリングを大切にするので

お部屋を素敵に照らす
照明であったり

くつろぎをイメージできる
簡単な家具になりますよ。

照明

一方
大きな家具家電の
メリット・デメリットは?

入居者のメリットとしては

初期費用が
抑えられたり

気楽に引っ越し
できることです。

家具家電にかかる費用は
かなりの負担になります。

しかも
買う手間や
退去時の処分を考えても

家具家電付きは
大きなメリットになりますね

一方デメリットは

家賃が割高になったり
自分好みの部屋が
作りにくかったり

壊してしまうと
修繕費用が必要だったりします。

ですので

初期費用は安くても
長期で考えると
結果的に損をしている!

ということも考えられます。

一時的な入居なら
良いかもしれませんが

学生さんのように
4年間は住む!のであれば
考えたいところですね。

ただ
フィーリングリフォームの
家具・家電は

住む人の気持ちを考えて
設置する!!!

ここを忘れないでくださいね^ ^

 

 

今日も1日
お疲れさまでした。

お読みいただき
ありがとうございます。

あなたの空室が
1日も早く
埋まることを願っています^ ^。

空室対策アドバイザー
大脇ちさと

男性大家さんの98.2%が
間違えていた空室対策を
女性目線で語った空室対策。
満室女性大家さんの最新事例掲載中。