メリットは?7月動いて8月のプチ繁忙期を逃さない!


本日、岐阜県快晴です!

36395608_1517593131719217_645809703741292544_n.jpg

こんにちは。

空室対策アドバイザーの
大脇ちさとです。

この清々しい青空の中

今日も現地コンサルのため
静岡へ向かっています!
(今は新幹線の中)

スクリーンショット 2018-07-01 9.38.39.png

半年のフィーリングリフォーム
ご契約をいただいた大家さんとの

現状把握です。

フィーリングリフォーム
3つのメソッドのうちの1つですね。

おさらいです。

それは?

福明さんバージョン.png

でしたよね?
(そうだった?!という方は
 今日からまたレッスンスタート!)

今日の現状把握では

・物件自体の状況
・物件周辺状況
・管理会社訪問
・仲介店訪問

を行ってきます。
(第1回目はこのような感じです)

現状を知ることは本当に大切で

特に空室が埋まらない状況が
3ヶ月以上続いているのなら

現地で原因が見つかる場合が
ほとんどです。

ではここで

7月に動くメリットを
前半の動向とともにお伝えします。

1月:繁忙期

2月:繁忙期

3月:繁忙期

4月:若干繁忙期

5月:GW後は閑散期

6月:閑散期

7月:閑散期 ←今ここ・・・

そう

今は閑散期!!

え〜
メリットないんじゃない?
という声も聞こえそうですが

いいえ!

この7月の動きが

実は

8月

9月
つながってくるのです。

なぜ?!

この続きは明日
お話しますね!

そろそろ静岡につきそうです^ ^!

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

ここでお知らせ!

フィーリングリフォームの
3つのメソッドが
イマイチ分からない方

フィーリングリフォームの
3つのメソッドを

見える化します!

今までのように
手探りで空室を埋めるのではなく

あなたの正しいメソッドで
埋まる空室になりますよ。

詳細は少しずつ
こちらのメルマガでお話しますね。

2018年後半も
顔晴ってまいりましょう!

男性大家さんの98.2%が
間違えていた空室対策を
女性目線で語った空室対策。
満室女性大家さんの最新事例掲載中。