【空室対策】やりがちな失敗。飽和状態の物件と〇〇〇〇。


電車遅延・・・

すし詰め状態の車内
待つこと揺られること

潰されること2時間・・・。

ようやく名古屋に到着しました。

b2162e255c6553dc08f5ed7e392dbbc5_s.jpg

こんにちは。

空室対策アドバイザーの
大脇ちさとです!

今日は現地コンサルのため
静岡に向かっております。
(今日は富士山どころじゃ
 ありません・・・)

今朝は、
普段中々経験できないことを経験でき

電車通勤の
学生さんやサラリーマンさんを

尊敬しました。

そう思うと
サラリーマンをリタイアし
オーナーとして
豊かな時間やお金を手にすることで

満員電車を経験しなくてもいい
不動産投資ができるって

素敵ですね。

さて

空室対策を話す人は、沢山いる。

しかし、

その人に合った空室対策を

教えられる人は一握り。

という言葉を、
あるオーナーさんとの
出会いから学びました。

(素晴らしい結果を出されている
 尊敬するギガ大家さんです。)

「今は、
 中途半端な投資セミナーや
 中途半端な空室対策が
 乱立しているよね。

 本当に結果を出している投資家や、
 空室対策を教えられる人は
 一握りだよね。」

私が、
空室対策アドバイザーという
仕事を始めた時も今も、

様々な空室対策は
増えて続けています。

設備投資を中心に
ハードな面もソフトな面も。

そんな、
物件だけではなく空室対策さえも、
飽和状態の中で今
1番大事にしたいのは、

空室対策が
あなたに合った内容で 
あなたが理解できて実行できて、

さらに

再現できるものであるか?
どうかです。

787c0bb03ed38fdf42a88031d1a7a8d6_s.jpg

ぶっちゃけ、
どれだけ本やセミナーで学んでも、

空室が埋まらいないオーナーさんは
沢山います。

なぜでしょうか?

やりがちな失敗として多いのは、

聞くこと、
見ること、

全てが良いと思うことばかり。

ついついあれこれ
手をつけ過ぎて
しまう事
です。

今は簡単に
様々なスキルを学ぶことができ、

書籍やノウハウも
すぐ手に入る時代だからこそ、

この空室対策が
本当に自分に必要かどうか?

見極める目を作る事は必要です。

かといって、

セミナーにも行かない、
本も読まない、
オーナーさんの集まりにも
行かない!とは

また違います。
(ハガユイですが(^_^;))

だからまず
目的を
ハッキリさせる事
です。

例えば

誘われたから顔を出す、
良さそうだから読んでみる
だけの時間を

なくしてみる。

セミナーに行くなら、
出来るだけ前の席に座ってみる。

講師の方に
自分の物件について質問してみる。

一方、本を読むなら

「どうして自分は今
 この本を読みたいのか?」

「なんのために?」と
一度立ち止まって考えてみる、

そんな時間があると
学びも違ってきます。

そんな中で私も
努力し続けていることがあります。

それは、
プロとしての努力

空室を埋めるための
意地と自覚と責任

あなたは、
自分の物件を通じて、

大家さんとしての自分を
究めていますか?

ぜひ、考えてみてくださいね。 

今週も張り切ってまいります!
あなたも顔晴って!
p(^_^)q

お読みいただき
ありがとうございました。