【有効な物件広告】


空室対策アドバイザーの
大脇ちさとです

3つのメソッドに基づき
住む人の気持ちを考えて行う

フィーリングリフォーム®

① 現状把握
② ペルソナ設定
③ 物件広告

この3つのメソッドに基いて

徹底的に

住む人の気持ち
なりきって

住みたい部屋
考えることで

お客さんが
住みたいと思える部屋を創り

空室が埋まる

というセオリーをお伝えします。

今日は  物件広告

!

まず物件広告で大事なことは

入居者申込みの
キャンセルにならない

お得感であったり

モデルルームの
ポータルサイトの
反響率

内見者数の把握

管理会社とのチームビルドの強化や
入居付けの改善策の検討です

そこで大事になってくるのが
PDCA

 

PDCA

Plan
Do
Check
Action


頭文字を並べた言葉です

Plan
計画を立てる

Do
実行する


Check
評価する


Action
改善する

 

PDCA
生産管理や品質管理などの
管理業務を


円滑に進めるための
手法です

これを
空室が埋まるPDCA

置き換えてみましょう

チャレンジ


空室に内見者が来るために
そしてお申込みが来るために

Plan
何を行うのか?

Do
どのように実践するのか?

Check
その結果良かったことは?
良くなかったことは?

Action
まだ空室が埋まらない場合は
どんな改善策が必要か?

例えば

Plan
何を行ったのか?

現状把握
モデルルームの設置と写真撮影

物件の募集チラシや
ネット検索する

ポータルサイトの見直し

自主管理の客付け体制と
その力

Do
どう実践するのか?
把握

オーナーさんが撮影した写真を
ネットに掲載する


ネット検索する
ポータルサイトに


即座にお部屋の写真を
アップ
する

自主管理の客付け体制は
きちんとシステム化
されているか

確認する

入居申込が
キャンセルにならない
お得感を

感じてもらうためには

モデルルームの雑貨や家具を
プレゼントする

 

Check
その結果
良かったことは?

ペルソナ設定を
3パターンも考えた

そのペルソナが
分かるタイトルで
物件を印象付けた

ネット掲載当日に
申込みがあり

内見率100%で
決まった

万歳


大家さんの
マーケティング力

ネット掲載
シータで撮影し
360度撮影できた

お部屋の画像を
ネット掲載できた
近隣家賃より若干安くした

Action
それでもまだ
空室が埋まらない場合

どんな改善策が必要か考える

良かったことは続ける

内見数を増やすために
近隣の仲介業者を営業する

入居付けの優先順位を
上げるために

アクションを起こすこと
空室が埋まる物件広告は

スピード感

が大切です

モデルルームを設置しても
全く反響がない時には

別に何か
弊害になっていることが
あるはずです!

その原因を
仲介業者さんや
管理会社さんなどに

リアルなヒアリングをしながら
改善策を
考えていきましょうね!

分かれ道

なにが正解かは
PDCAをしないと
把握できません

PDCAをし続けることで
行き当たりばったりや

闇雲に空室対策をすることが
無くなって

不安も減っていきます

PDCAについて
もう一度復習します

PDCA

Plan
Do
Check
Action


頭文字を並べた言葉で

Plan
計画を立てる

Do
実行する


Check
評価する


Action
改善する

何度も言って
ごめんなさい!

空室に内見者が来るために
お申込みが来るために

Plan
何を行うのか?

Do
どう実践するのか?

Check
その結果
良かったこと
良くなかったことを検証

Action
まだ空室が埋まらない時は
どんな改善策が必要か考える

これを
繰り返し
いきましょうね

お読みいただき
ありがとうございます。

あなたの空室が
埋まることを願っています^ ^。

空室対策アドバイザー
大脇ちさと

大脇ちさと